Product lineup

肺炎起炎菌網羅的迅速判定システム補助装置(検体DNAカラム抽出・精製PCR前処理システム)

肺炎の早期確定的治療のために――喀痰からのDNAカラム抽出・精製からPRCサンプル調製操作までの作業を自動化した装置です!

肺炎の原因微生物の同定には一般的に数日を要し、症状の進行、院内感染等を引き起こすことが問題となります。

そこで、PCR法を用いた迅速な起炎菌同定により、適切な抗菌薬の選択だけでなく、院内感染の防止、重症化進行抑止、耐性菌出現の抑止を図ることができます。

 

リアルタイムPCR法により起縁菌を同定するHIRA-TAN法を自動化することを目的として、喀痰試料のDNA抽出・精製からPCRサンプル調製操作までを自動処理。
作業者の作業効率向上、取り違え防止、安全確保など、臨床現場のニーズに答える装置です。

 

また、一般的にDNAカラム精製には遠心法が用いられますが、本装置では圧送法により、時間の短縮、装置の簡便・小型化を実現しました。

本装置では一般的なタンパク分解処理、DNA抽出、精製、PCRテンプレート調整、プライマーミックス混合等を実施することができ、PCRアプリケーションの前処理に必要な様々な運用が可能です。

 

被検体溶菌処理(酵素、熱処理、4検体)

DNAカラム抽出、精製

PCR溶液調整
(各種プライマーセット(16セット)、ポリメラーゼ添加)

*本装置は埼玉医科大学との共同研究により開発されたものです。

用途一覧

・肺炎の早期確定的治療
・検体からのDNA抽出・精製
・複数のプライマーミックスを用いた多検体処理

CONTACT / DOWNLOAD

資料請求、製品に関するお問い合わせは、お電話またはFAXでもお受け致しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

電話・FAXでのお問い合わせ

  • 電話092-933-3110
  • FAX092-933-3115