Stories

ピーエムティーと、「何」創ろう。Development Stories

私たちの製品には、多くの開発ストーリーがあります。
紡いできた物語は様々ですが、共通するのは、それぞれの出会いと私たちの創造性が新たな製品・事業を創出し続けているということ。
ここで紹介するのはほんの一例ですが、“ピーエムティーと、「何」創ろう”――その言葉の所以を感じていただければと思います。

小型NC微細加工機Micro MC Series

卓上型NC微細加工機 MC-ATC-M01
卓上型NC微細加工機 MC-ATC-M01(2002年)

ニーズ生まれ、ニーズ育ち。

小型で様々な材料の微細加工が行える小型NC加工機:Micro MCシリーズ。その原型となる装置が誕生したのは、2002年のことでした。
きっかけは、(国研)産業技術総合研究所様からの「研究室に置けるガラス切削用の小型加工機を」というご要望。当時、ガラスを加工できる加工機は工場に設置するような大型のものしかなく、〈100V電源で駆動する卓上サイズの加工機〉をコンセプトに精密小型加工機・MC-ATC-M01(現在は廃盤)を開発したのが始まり。
「より高精度な加工を」という声には鉄鋳物筐体で高剛性を実現したMicro MC-3、「追加工を楽にしたい」という声にはアライメントカメラを搭載したMicro MC-5。
お客様のニーズに育てていただいた加工機です。

ピュアエラスチンPure Elastin

オープンイノベーションで新分野へ。

エラスチン事業のはじまりは、(公財)飯塚研究開発機構様から、九州工業大学名誉教授 岡元孝二博士(当時)*をご紹介いただいたことでした。
「更に高品質なエラスチンの製造プロセスを立ち上げ、エラスチンを世の中に広めたい」という岡元先生と、異業種分野での新事業創出を目指していた当社は、健康食品市場へのエラスチンの供給拡大という共通の目的を持って共同研究を始めました。
装置設計・製作に永年のノウハウを持つ当社が製造の高効率化を支援。約1年半で製造プロセス開発は完了し、その1年半後には商品化に成功しました。
産学官連携でつながったご縁が、新事業の創出、そして新たな分野の開拓に結実した事例です。

(*)現(株)バイタルリソース応用研究所代表取締役社長

ピュアエラスチン
エラスチンを抽出するための反応釜
機能性表示食品DATA BOOK
機能性表示食品DATA BOOKに
掲載されています
ピュアエラスチン材料粉末
商品化を実現しました!

ビュンビュンフットスイッチForceps Operation Support Robot

ビュンビュンフットスイッチ図
ビュンビュンフットスイッチ外観(特許明細より)

共鳴でつながる、アライアンスの輪。

全く経験・知見のない異業種分野への挑戦にあたり、パートナーを模索していた当社。
そんな中、MakeWay合同会社代表社員 前田様と出会いました。
私たちは既存技術の組み合わせにより新製品を創出したいという前田様の想いに感銘を受け、前田様はオープンイノベーションをはじめとする当社の姿勢に共感いただき、共同研究がスタート。
約3年半の試行錯誤の中で、平電機(株)様をはじめ各方面にご協力いただき、製品化を実現しました。
2016年6月に医療機器製造業登録が完了。
2018年2月には医療機器製造販売届が受理され、新たなステージへの挑戦が始まっています。

ビュンビュンフットスイッチ
グランプリ受賞時の写真
医療機器等試作コンテスト
グランプリ受賞
(埼玉県主催/2016)

CONTACT / DOWNLOAD

資料請求、製品に関するお問い合わせは、お電話またはFAXでもお受け致しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

電話・FAXでのお問い合わせ

  • 電話092-933-3110
  • FAX092-933-3115