超硬の常識を覆す---SPS超硬シリーズ、誕生。
株式会社ピーエムティートップページへ
株式会社ピーエムティーホームページへ 製品情報ページへ 会社情報へ 採用情報へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム > 製品情報 > 超硬革命
部品加工(Parts prosess) 超硬革命(Spark Plasma Sintering
超硬の常識を覆す---SPS超硬シリーズ、誕生。
部品製作・加工

超硬革命

システム商品・装置
「超耐摩耗性」に「耐熱性・耐食性」を兼ね備えた新超硬素材〜SPS超硬シリーズ
SPS超硬シリーズは、厳選されたナノサイズ粒子炭化タングステン(WC)粉末に独自の焼結プロセスを加えることで誕生した新超硬素材です。
従来の超硬合金を凌ぐ硬度と強度を兼ね備え、様々な新使用環境でお使いいただけます。

特性

超耐摩耗性


世界最小微粒のWC粉末だけを使用しているため、硬度は超硬材の中でもトップクラス。摩耗にも強いので長くお使いいただけます。
耐熱性・耐食性
融点の低いコバルトを含んでいないため、熱膨張や融解、塑性変形が起こりにくく、高温化での加工に適しています。
また、コバルトを含んでいないため、優れた耐食性を示します。
機械特性
  粒度
(μm)
密度
(g/cm3
硬度
mHv
抗折力
(MPa)
破壊靱性
KiC
TC10 <0.5 15 2150 2640 6.5
TC20 <0.5 14.8 2050 2940 7.3
M78 <0.2 15.4 2600 1500 5.1
WC100 <0.08 15.6 2700 1470 5.6
※)破壊靱性値はJIS R 1607(IF法)に準拠して測定

製造技術

バインダレス超硬
M78、WC100は、バインダー(結合剤)を用いず、ナノサイズ粒子径炭化タングステン粉末を使用した超硬です。
中でもWC100は、炭化タングステン100%の完全ノーバインダー。
バインダー(Co15〜20%)を含む一般的な超硬材と比べれば、その違いは一目瞭然です。
耐食・耐摩耗性に優れ、また酸化しにくいため、高い鏡面精度を長く維持することができます。
純国産技術
ノーバインダー超硬を実現したのは、日本で生まれ育った放電プラズマ焼結法(SPS法:Spark Plasma Sintering)。
自己発熱による急速昇温のため、素材の特性はそのままに緻密な焼結が可能になりました。
エヌジェーエスでは、日本で唯一の連続式SPS放電プラズマ焼結機を備え、焼結時間と製造コストを抑えた高品質な超硬材をご提供しています。

応用例

ニーズに最適!
高精度デジタルカメラに使われる非球面ガラスレンズ。
高温下でガラス原料を溶融しプレスするため、その金型には耐熱性と耐久性、そして高い鏡面精度が求められます。

放電加工にも超硬!?
コバルトが電解現象を起こすため、放電加工には向かないとされていた超硬材。
粒径が細かく、結合材を含まないSPS超硬を電極に使えば、摩耗を最小限に抑えつつ安定した超精密放電加工が可能です。

製品情報

SPS超硬シリーズ
TC10 , TC20 100×70×2〜15t
70×70×2〜20t
M78(最大) φ60×10t〜55t
WC100 φ60×10t〜35t(暫定値)
TC10、TC20は角形状、M78、WC100は円柱型に限ります。最大厚みは外形寸法に左右されますので、お問い合わせ下さい。
≪製造元≫
  株式会社エヌジェーエス